午前3時の雑記帳

病気でもない、普通でもない息苦しさをまとめるブログ

戻れない

彼に初めて会ったのはもう10年以上前で、そのうち半分の期間は、もう日常的に会ってなどいなくて、 本当に近くにいたのは、思い返せばたった4年ほどなのだ。 それでも時折先生との記憶を思い出すと、寂しいような照れ臭いような気持ちになります。 憎まれ口…

タイトルなし

ここ数日の睡眠不足(ベストなパフォーマンスが出せるのは9時間睡眠)のせいで、朝から気分が不穏… 今日1日乗り越えたら連休…1日乗り越えたら連休…

責任を他者に転嫁した人間は無敵

http://gendai.ismedia.jp/articles/-/56393 gendai.ismedia.jp 面白い試みだと思った。 「いい」も「悪い」も、現代人は感覚か片寄った情報でばかり判断しようとする。 その真の危うさというか巧みさというか、そして人間の弱さと怖さを感じるためには、体…

1周年

そういえば、ここを始めて1周年でした。 初めは、書くことで整理したり吐き出したりしないと生きるのがツラい(いや、書いててもツラかった)レベルでしたが、 今は仕事の配置が若干変わって疲れはしますがなんとかやれています。 まぁ、おかげで更新頻度が下…

何を選ぼうと

「再び大人になる」ということ - Ohnoblog 2 考えさせられる。 きっと、産もうと産むまいと、それなりに楽しいしそれなりに悩むし、それなりにツラいしそれなりにやりがいもあるんだろう。

タイトルなし

日常に疲れても、リフレッシュしに行こうと思えるだけの余力が残っていることが幸い。 去年は完全にムリだったからね。 まだこの心に情熱の火が灯ることは、かすかな私の希望でもある。 そう。虎視眈々と。いつか打つ次の一手のために。 それが来年か、10年…

『私』とは

時々里心がつくと、『帰りたいなぁ』と泣きそうになる。 きっと、故郷は離れてしまったからこそよく見えるだけなのに。 私はいまだになんだか、自分を持て余しながら寄る辺なく生きていて、 どうにかもっと楽に生きれないものなのだろうかと思いながら、すり…

夏至の日

日が落ちるのが遅く、 仕事帰りの空もまだまだ明るい。 ほんのりと朱く グラデーションする空を眺めてため息をつく。 ぽつりと。 彼の名前をつぶやく。

認知の歪み

twitter.com twitter.com 結婚してから、思考停止のキーワードが「死にたい」になってしまったため、このモーメントの方と同じような状態になっています。 でも、その「死にたい」に適切な感情を当てはめられるようになれば、別に死ぬほどじゃなくなる、とい…

しとしとと

日光が出ない日が続くと調子が出ない。 なのに、少し落ちている気分は慣れ親しんだものでなんだか妙に安心したりする。 昔の思い出は、当事者のはずなのに自分も含めた遠景のシーンとして、思い出されて。 そんなわけないだろうと、一人で苦笑しながらつっこ…

根本的に悲観的

最近ときどき、「元気なくない?」と聞かれる。 自分には至ってそんなつもりなどないのだが。 心当たるとすれば、『閉塞感』だ。 主人というパートナーがいて、安定した所属がある。 とりあえず生活に事欠かないだけの仕事がある。 義理の実家も自分の実家も…

タイトルなし

言葉で、一体どれだけのことが伝えられるのだろう。 時に、言葉の無力さを感じ、それでも、言葉でなにかを伝えようとすることを止めるわけにはいかない。 言葉の力を、私はそれでも信じているのだろうと思う。

安定と所属

ほんの時々、夢に私の先生が現れる。 正確には、私が出してるんだと思うけれど。 ただ、最近、「彼」なのだが姿が「主人」という状態が混ざるようになってきた。 多分、これまで彼が果たしてくれていた役割が、主人に移ってきたのだろう。 それで、無意識下…

なみだのあと

いまよりもっと、自分の人生に納得がいっていなかった頃。 私はもっと、自分の不安定さを一人で抱えることができなくて、私はよく泣いていた。 恐らく、涙として排出しなければ私の心と体は耐えられなかったのだと思う。 (仕事を始めてしまえば、あの頃はな…

何に価値を置くか

headlines.yahoo.co.jp 長く地方国立大にいたので、なんとも腹が立つニュースである。文科が直接どうにかできる範囲でどうにかしようと? そんなことより定員が割れている、偏差値も低い私立大学から整理してくれ、と言うと波風が立つ案なのだが(笑) それで…

ぬるい停滞

あいかわらず、うちに子どもがくる気配はなく、 そう簡単にはいかないものなのだなぁと認識を改める今日この頃。 それでも、主人とふたりの生活は楽だし、不満があるわけでもない。 このままでもいいっちゃいいんだけど、子どもがいたらそれも楽しそうだよね…

タイトルなし

なんだかすごく寂しい、夜中。 誰かに会いたい。 誰に会いたい? それも分からずに、ぽっかりとした孤独が胸にある。 まるで、旅の最中に意気投合した子と別れた直後のように。 …いや、現実にはそんな経験ないんだけどね。 夜中の寂しさは、なんだかいつもよ…

『ほんとうは』

ときおり、「自分」という入れ物に、ぎこちなさを感じる。 『こんなことがしたいわけじゃないのに』 『なんでこんなことしてるんだろう』 『なぜ、やりたいことができないのだろう』と。 それは、能力の問題でもあるし、タイミングの問題でもあるし、環境で…

家族の思い出

持ち帰ってきた仕事に手をつけないままゴールデンウィークが終わりそうで、仕方なく眠い目をこすりながら作業しております… 結婚して以降、連休となるとなんでこんなに毎年毎年遊びに出かけているのだろうか… 風呂に入りながら、ふと、子どもの頃家族で遊び…

抑圧と搾取

gendai.ismedia.jp oneofakind.hatenablog.com 最近ぼんやり考える事。Metooとか山口某とかの、女性が性的に搾取されたり、抑圧を強いられることについて。正直な話、自分の中でそんなに違和感がなかったのだ。自慢じゃないが、子ども時代から抑圧のオンパレ…

タイトルなし

月曜日が来るのがー つらいー ゆーうつー! うつー! せめて夢で、会いたい人に会えればいいのに。

采配は

うまくいかないことも、 うまくいったことも、 幸運も不幸も、 適切に自分のせいにして、 適切に他人のせいにして、 適切に運だと思わないと、 バランス悪くなるとだめだよね。 全部自分を責めるのも、 全部他人のせいにするのも、 どちらも間違っている。 …

書籍メモ

「ちょっとしたことでうまくいく 発達障害の人が上手に働くための本」 search.rakuten.co.jp を買ってみました。 発達障害と言うには、せいぜいグレーくらいにしかならないと思うのですが、自分の行動パターンと得手不得手のジャンルを考えると、なにか役に…

なぜだかこの世は生きにくい

headlines.yahoo.co.jp 何を隠そう、私もB型。 確かにマイペースではあるが、だけど同時に気にしすぎも持ち合わせているので、『人目を気にする自由人』という、アイスの天ぷらみたいな矛盾の塊が出来上がってしまうのである。 この記事についているコメント…

小さな進歩

なんと、 3年放置していた、 ボタンつけを! やれた!!! 私は「やらなければならないのは分かっているんだけど…」ということを、病的に後回しにしてしまう性質があって、 こればかりは、「やりたくてもやれない」ので、自分でも言ってて意味がわからない…

「普通」という目に見えない制服

news.yahoo.co.jp あるある。 ふつう、が分からないのだ。 もう私の場合はそれを開き直っているフシもあって、 (というか、研究とかやろうという人間は、人と同じ感覚じゃやっていけないから、変わっていてナンボです) 『天然』とか、『ちょっと変わった子』…

懐かしさ

昔の日記を読み返していると、 懐かしくて苦しくなる。 アイデンティティが拡散しまくって収集つかない私と、保護者のようにそれを見守ってくれた彼の、記録がいまは物語のように感じる。 そのとき何を考えてどう感じていたのか、すっかり思い出せなくなって…

タイトルなし

春は、気候的にはきもちいいけどなんだか不安も多くて体か心かどっちかは疲れちゃうんだよな… ふわふわとして落ち着かない。

過去の下書きから

下書きのまま放ってあった記事を、供養。 ~~~ここから~~~ やっぱり何かがおかしい。 最近(といってもここ1年くらい)、彼が私とのコンタクトを避けているような気がしていたが、 今日は夕方の電話に出ず、6限の終わった時間?にコールバックしてきたと…

回復かはたまた

仕事が少しだけ余裕ある時期。 今度は躁に振れているのか、怒濤のように予定を詰め込んでは消化していて…いや…とても充実はしているんだが、これで大丈夫か自分… この降り戻しが来るんじゃないかと思うと、わりと怖い。 楽しいことにエネルギーを使うと、そ…