午前3時の雑記帳

病気でもない、普通でもない息苦しさをまとめるブログ

回避性

>APDをもつ人は、自分は社会的に不適格で魅力に欠けていると考え、笑われること、恥をかくこと、排除されること、嫌われることを極端に怖がり、そのために、社会的な交流を避けようとする傾向をもつ。自分は孤独者であるとし、社会から取り残されている感覚を訴えるのが典型である。

 

回避性パーソナリティー障害のWiki見たら、あれ…思い当たる…あれ…?ってなった。

そうそう。

それでも社会的繋がりを断つほど思いきりもないわけで、

おかげで中途半端にコミュニケーションができない社会人が出来上がるのよねツラい。

いつもなんだか人間関係のかやの外なのは、私自身が回避している結果なのだろう。

それでも私のメンタルはギリギリなのに、これ以上濃密に、空気を読まなきゃいけない人間関係なんて私には無理だ。

生存報告

とりあえず、生きています。

書きたいことはあれど、バタバタした生活のなかでゆっくり考えをまとめる時間が取れずにいます。

年末年始の休暇まで…体が持つだろうか…

終わらない…

安定の仕事行きたくないし疲れとれないし、

いつまで私はこの不毛な生活を続ければよいのか。

タイトルなし

妙な多幸感。

間違いなく、しばらく会えなかった彼と、少しだけでも話ができたからだ。

庇護を失い、心の安全基地が揺らいで、彼がいなくても生きていけるように親離れをしなければと、諦めと喪失感を受け入れようとしていたけれど、

たったほんの少し、言葉を交わして、それだけで単純極まりない私の心には、小さな灯火が点るのだ。

何度心の中で呼んでも、空虚に吸い込まれていくだけだった彼の名が、今はきちんと、私の心の中に点っていて。

我ながら、単純でいじましいと思う。

忘れられなんかしない。

失って生きられなどしない。

それでも。

大丈夫。

忘れないし。

もう、遠く離れてしまったのだとしても

あなたが好きで好きで、私の世界はそれだけで十分だったのです。

忠誠と思慕の合間で、まるで安心しきった胎児のように。

 

生まれ落ちたこの世界は、思った以上に生きづらいけれども、

もう、戻ることなど選べないわけで。

別の人間として歩き出してしまえば、もう、悲しいほど離ればなれで。

あなたの子であることをただひとつの誇りに、胸を張って生きていく他はないのですね。

 

いつか私の世界が終わる日に、私はやっと私の神様を取り戻すことができるのでしょう。

そうしたら、きっと私を褒めてくださいね。

呼吸は深く

f:id:leosakura:20171123131314p:plain

アウトプットが億劫である。

あまりメンタルの具合がよくないせいか、言語化するために考えることすらやりたくない。

毎日ただただ消化していく仕事は、とにかく疲労する日々で、

それでも良いことも嬉しいこともあるけれど、不安症の強い私にとっては組織の構造というか雰囲気というか風土?がストレス。

 

その一方、(自分も、普通の人間だったのだなぁ)と、なんだか感慨深く思ってしまう自分もいる。

何かと、事実は小説より奇なりを地で行ってきたような半生なもので…(苦笑)

 

努力すること。

・漠然とした不安に支配されそうになったら、具体的に書き出し、潰していくこと。

・呼吸が浅くなったと感じたら、深呼吸をすること

・身体を労ること

・ゲームばかりしすぎないこと(笑)

 

病むには理性が勝ちすぎて、そつなく社会生活を営むには繊細すぎる。

どちらもできないからツラいのです。

燃え尽き

久しぶりに大学時代の同期たちと会ったことで、

やっぱり今の自分は無理をしているんだなと痛感した。

 

大学では、「自己主張がはっきり」「空気読まない」「断定型で話す」「男子にも平気でヤジを飛ばす」「周りに迎合しない」「だけど情に篤い」「最後はフォローに回る」「姉御」をやっていたことが、今なら自分でも分かる。

当時のメンツが揃えば、自然とあの頃の振るまいとノリが戻ってきて、正直すごく楽しかったし、久しぶりにメンタルが回復した。

もう卒業してこんなに経つと、集まるのは誰かの結婚式くらいで。

その度に既婚者が増えるわけで、やっぱり学生の頃のような頻度では会えなくなっていくのだけど。

(そもそも私はとっくに結婚して地元を離れているわけだし)

 

あの頃の無鉄砲な強さが。

守りたいものを、自分の力で守ってみせると思っていた意思が。

全てをかけて誰かを好きになるエネルギーが。

何よりも、ハングリーさと向上心が。

今の自分の中に見つからない。

 

そして、ちょっとリフレッシュして上向いた気持ちも、1日仕事に行けば元通りだぜ。