午前3時の雑記帳

病気でもない、普通でもない息苦しさをまとめるブログ

量子測定理論的妊活

不安も葛藤もあれど、夫とも話し合い、いま、子どもを待っている。 
次の月経までの間、答え合わせのできないなかで、 
いつも私は「シュレディンガーの猫」という単語を思い出す。 
その中に、いるかもしれないし。いないのかもしれないし。 
どちらもが重なり合って存在している間、 
私のお腹の中にはシュレディンガーの猫がいるのだ。 
  
制約も、打算もある。私の職場では、制度はあっても替えの利かない仕事も多いため、 
1年未満で復職せざるを得なくなる。 
どうにか最大限休もうとすると、かなりタイミングには気を使わなければならない。 
年度初めとか年度末とか絶対ダメ。絶対無理。おちおち産休になど入れない。 
けれど、すぐに戻りたいわけではない。どんな理由であれ、 
(育児の方が結果的に大変であれ)仕事は最大限休みたい。合法的に休みたい。 
  
「愛し合ったふたりの子どもが欲しい」だなんてポエムではなく、 
私には利己的な打算しかない。 
そんな不純な動機で子どもなどできるのだろうか。 
できなきゃ、それはそれで因果応報なのかもしれない。 

弱音が吐けない

 

wol.nikkeibp.co.jp

 

私 の こ と か

 

「過剰な不安や自信喪失」「自分を責める」「疲れ切る」

 

そうそうそうそう。

 

気力が足りない…

不完全なひとりの人間として。

https://anond.hatelabo.jp/20140402111648

 

そう。

私は、物理的に実家と離れたことでかなり精神的に安定しました。

そうすることで、母の方も私のことを「自分の管理下にいる者」という認識を外したのか、表面的には優しく振る舞ってくれるようになり、

かなり関係は改善し普通の母娘のようになっています。

うっかりすると、実家を美化しまって懐かしくなってしまいそうになるのだけど、

いやいや、もうあんな家には戻りたくなんかないと、初心に戻る(笑)のです。

 

今になれば、母について、理解はできます。

きっとあのとき母も辛かったのだろうとか、我慢してきたのだろうとか。

けれど、私は彼女を許さないと決めたのです。

そうでないと、あの頃あんなに傷ついた、あの頃の私がかわいそうだ。

母に、反抗して反抗して、私はやっとサバイブしてきたのだ。

理解はしても許しはしない。

そうでなければ、私はアイデンティティが揺らいでしまう。

 

結局これが正しいのか分かるのは、母が死んだ後なのだろうと思います。

母がいなくなった私の世界が、自由であることを心から願います。

好きなことを

ネットの海で、時々この言葉に再会する。

いつも、勇気をもらうようで、でもそうできない自分が悲しく感じます。

 

~~~~~

 

これはあなたの人生です。

自分が好きなことをやりなさい。

 

そして、たくさんやりなさい。

 

何か気に入らないことがあれば、それを変えなさい。

 

今の仕事が気に入らなければ、やめなさい。

 

時間が足りないのなら、テレビを見るのをやめなさい。

 

人生をかけて愛する人を探しているのなら、それもやめなさい。

 

その人は、あなたが自分の好きなことを始めたときにあらわれます。

 

考えすぎるのをやめなさい。人生はシンプルです。

 

すべての感情は美しい。食事を、ひと口ひと口を味わいなさい。

 

新しい事や人々との出会いに、心を、腕を、そしてハートを開きなさい。

 

私たちは、それぞれの違いで結びついているのです。

 

自分のまわりの人々に、何に情熱を傾けているかを聞きなさい。

 

そして、その人たちにあなた自身の夢も語りなさい。

 

たくさん旅をしなさい。

 

道に迷うことで、新しい自分を発見するでしょう。

 

ときにチャンスは一度だけしか訪れません。しっかりつかみなさい。

 

人生とは、あなたが出会う人々であり、その人たちとあなたが作り出すもの。

 

だから、待っていないで何か作ることをはじめなさい。

 

人生は短い。

 

情熱を身にまとい、自分の夢を生きよう。

あけまして

f:id:leosakura:20180111124728j:plain

おめでとうございます。

生きています。

仕事も、一応しています。

ポカばかりですが。

 

今年の目標は、無理をしないことです…

 

間が開いてしまいましたが、リハビリがてら少しずつ文章を書いていこうと思います。

タイトルなし

些細なことでイライラする。

そしてイライラしている自分にイライラする。

f:id:leosakura:20171213094239j:plain

こんなに私がダメなのは、私が悪いのだと、

すっかり自罰思考のスパイラル。

きっと私が、減点法で育てられたからだ。

そう頭では分かっていても、抜け出せない。

 

勉強ができようが、他所で褒められようが、

母の意に沿わないことがあれば烈火のごとく激怒され人格否定を受けるわけで、

地元で一番の学校に合格しても、

「あなたが受かるなんて、○○大も大したことないのね」

というコメントが出るからびっくりしてしまう。

私の評価が上がるんじゃなくて大学の評価が下がるのかよ!!

 

だから私も、できることよりできないことの方にばかり意識が向いて、囚われてしまう。

 

精神が安定していれば、「少なくとも私の仕事上の能力は、同年代より低いということはありえない」ということをちゃんと認識できるのだが、

後天的に獲得した肯定感すら揺らぐ状態は、もうライフが0状態。生きていく元気がない…